2017年11月19日 (日)

やっと、半分、ご当地入場券

JR北海道のご当地入場券。
集めて、昨日の奥津軽いまべつ駅で51駅目。
やっと101駅の半分をあつめたことになりました。
たいていは道央と道南方面になりますが、
この先、道東、道北方面はいつになることやら・・・。
札幌の近くの駅が集めて、
この先は現地に行くだけで時間とお金がかかります、あーぁ。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

立冬か

今日は立冬、冬ですねぇ。
日に日に夕暮れが早くなり、日照時間が短くなる。
なんか、だんだん落ち込んでしまう季節です。
早く日が暮れるので、追い立てられる気持にもなる。
毎年のことながら、つらい季節ですなぁ。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

キハ40の

個人的に、
キハ40の小窓で二人掛けシートになっている部分が気に入っている。
Rimg0260


ここに座れたらラッキー。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

久しぶりに、山線に乗ってみる

先日、函館本線の山線区間で倶知安まで行ってきました。
小樽で倶知安行に乗り換え、
キハ150の札ナホ+札トマでした。
Rimg0212

余市までは乗客がいっぱい、座れません、ほとんど余市でおりましたが。
余市駅ではICカードが使えないので、
窓口に列ができていました。
その後、バスを乗り継いで小沢駅へ。
Rimg0214


昔、来たことがあるのですが、イメージが戻りません。
Rimg0216


昔は岩内線の分岐駅でしたその痕跡です。
Rimg0216_2


その後、倶知安へ駅の案内やバスの放送も外国語が流れます。
倶知安駅の右側が道南バス乗り場、左側がニセコバス乗り場になっています。
Rimg0220


あ、小沢ではトンネル餅を買いました、いままで買っていなかったです。
Rimg0223


帰りは倶知安発小樽行の列車、これも札ナホ+札トマでした。
列車はすいていたのですが、余市から大量乗車で席はうまり立ち客も。
土日や観光シーズンは小樽⇔余市に臨時列車でも走らせたらよいのではないかと思う次第です。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

国鉄バスの名残2

奈井江駅と浦臼駅を結んでいた、
国鉄バス路線はJRバスに代わり、岩見沢・滝川地区から撤退しました。
そのあとを継いで、自治体がバスを走らせるパターン。
今は浦臼町営バスが奈井江と浦臼を繋いでいます。
Rimg0045


奈井江駅のバス停、旧国鉄バスのものをそのまま、
少しだけ変えて使用しているようで。

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

秋・・・寒い・・・

もうすっかり秋、寒いです。
あちこちで初冠雪のニュースが。
おかげで風邪をひいてしまい、
一度はよくなったものの、またぶりかえし・・・。
医者へ行って薬をもらってきました。
齢を重ねると少しずつきつくなります。

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

国鉄バスの名残

留萌本線、石狩沼田駅。
Rimg0098


Rimg0099


今は単なる中間駅ですが、昔は札沼線が分岐していました、
面影はありませんが・・・。
その石狩沼田駅の建物のホーム側に見つけた看板。
Rimg0101


「自動車乗務員休憩室」そう、昔は国鉄バスが石狩沼田まで走っていました。
おそらくそのころに使われていた部屋ではないかと。
見た感じ、今は使っていないような状態。
国鉄バスもJRバスに代わり、さらに滝川営業所が廃止で、
JRバスも来なくなり、北海道中央バスに移管されました。
さらに、途中の碧水までの運行となり北海道中央バスも石狩沼田に来なくなりました。
今は深川から空知中央バスが走っています。
Rimg0097


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

石狩月形駅

先日、学園都市線の
石狩月形駅に行ってきました。
Rimg0195


学園都市線の非電化区間では唯一の列車交換可能駅です。
Rimg0191


駅の正面です。

駅の中は昔の駅、そのままの感じです。
Rimg0198


発車の案内も札を下げるもの。
Rimg0197


きっぷうりば、駅員さんは運転要員を兼ねているため、
列車が接近すると、ホームへ出ます。
そのため、窓口は閉じられます、列車の時間に合わせて窓口へ行くと切符を買えません。
たとえば5431Dと5430Dの列車交換の間に切符を買おうとしても買えませんので、ご注意を・・・。
自動券売機はありませんので、車内で整理券を取って下車時に精算します。
Rimg0200


あっ、中央バスだけではなく、ニューしのつバスも駅前に乗り入れていたんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

9月になって

もう、9月。
8月末から一時期寒かったのですが、
また、暑さが戻ってきました。
といっても27度くらいでしょうか。
ここのところは夏の間にいろいろと出かけた疲れが出ているのか、
かったるい、筋肉痛などなど。
と言いつつ、次はどこへ行こうかと考え、
時刻表と格闘の毎日ですは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

JRバス深名線に乗ってみた

8月のとある日。
以前から乗りたいと思っていました、
JR北海道バス、深名線に乗車しました。
始発は名寄から乗りました。
Rimg0024


夏休みの時期のため通学生の乗車はないと思っていましたが、
やはり、居なく、名寄からの乗車は私一人!
Rimg0027


8月31日までの、朱鞠内湖の「湖畔」経由ですが観光客もいません。
次の停留所で3名の乗車がありました。
細い道をクネクネと大型バスが走り、冬は大変だろうなと思われ。
有名な「天塩弥生」を通ります。
Rimg0030


その後、「湖畔」バス停にも寄りましたが、乗車なし・・・。
先ほど、途中乗車の3名も途中でぱらぱらと下車、乗客は再び私一人。
と思ったら、地元の男子中学生位が一人乗り、
乗客2名で幌加内着(下車)。
料金を払おうとしたら、このバスは深川まで直通しますので、ということで。
まとめて支払い、直通運賃で安くなりました、運転手さんありがとうございます。
Rimg0039


幌加内から改めて深川行きとなり、一人乗車。
後は乗客二人のまま深川駅までと思いきや、
深川駅近くのバス停で一人乗車。計三名。
ほぼ定時に深川駅に到着しました。遠しで乗務の運転手さんご苦労様です。
Rimg0040

これで、念願のJRバス深名線に乗車が出来ました。
にしても、夏休みで通学生のいない時期は致し方ないか。
観光客の乗客がいなかったのが残念。
乗りバスは私一人というのも意外でした。
この先、JRバス深名線がどうなっていくのか心配なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«届きました